NEWS

2015年2月13日

インターンシップ終了報告

掲載時期が少し遅くなってしまいましたが、先日インターンシップの中間報告をしてくださった方の終了報告を掲載したいと思います。



スロースタートのインターンシップもぴったり20名を施術して修了することができました。


どれも印象に残っているのですが、その中でもお二人の方がとても印象深いものとなりました。


まず40代の男性です。
カウンセリングの時から気さくに話しかけてくれる明るい方でした。
施術中、緊張しているつもりはなかったのですが、「緊張してる?緊張しなくていいよ、はい!リラックス、リラックス♪♪」とかえって癒されてしまいました(汗)

緊張していたのか自分では認識ありませんでしたが、相手に感じさせてはいけないと思いました。
この会話の後、さまざまなお話をしながら楽しい時間を過ごし、お客様は満足してお帰りになりましたが気を使わせてしまった60分となってしまいました。
本来お客様は心地いい時間を求めてきます。
技術を提供するだけでなく、安らぎを与える場でもあることを気付くきっかけになりました。


そして60代の女性はお嬢様からお母様へのプレゼントロミロミでした。
オイルマッサージは初めてとの事で、終始緊張されていました。

お嬢様の想い、ロミロミへチャレンジしてくれた感謝、この方を幸せにしたいという思いで施術しましたが、最後まで緊張されていたので気持ちよかったのか、痛くなかったか少々不安でした...
ところがお着替えが終わりお部屋から出てきた第一声が
「身体がポカポカして気持ちいいわ。家の近くにも(ロミロミサロン)ないかしら?クセになっちゃいそうよ♡」と嬉しいお言葉!
私にはこの方にとってロミロミがどんなものかを印象付ける責任がありました。
ロミロミを好きになってもらえてよかった!
良さを知ってもらえてよかった!
ファンを増やすことができてよかった!

インターンシップは技術だけでなく多くのことを学び、気づくことができるものでした。
たくさん笑い、泣き、刺激的だった17日間はかけがえのないものであり、私の財産です!!


長野お山の上のサロンでのインターンシップは、何度開催してもそのたびに「開催してよかった~」と思わずにはいられません。もちろん技術の向上やサロンワークをみにつけるということは、言うまでもないのですが、寝食を共にすることで、セラピストとしての生活やマインドについても発見していただけるようです。


また先輩セラピストたちも、(年齢は関係なく)後輩セラピストたちを育てるという立ち位置になることで、それはそれで学びや経験となるようです。

インターンシップを経験することで、クラスを終了した時点では、未知の世界だったことが、ぐっと具体的になるようですね。

今回のインターン生さんたちは、すでに次のステップへとみなさん進んでいらっしゃいます。

また次の目標もそれぞれにあり、日々試行錯誤しながらな部分もあるようですが、それでも着実に一歩一歩進んでいらっしゃるようです。

インターンシップのその後についても、また機会あれば、報告していただこうと思います♪




資料請求・お問い合わせはコチラ⇒
lomialoha.com/contact/

クラスとコースについての説明⇒
lomialoha.com/school/

ページの先頭へ